京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です。

【期間限定!営業時間延長のお知らせ】京の町に夏の訪れを告げる祇園祭

祇園祭とKIHARU

7月1日から様々な神事が行われ、夏の京都は祇園祭一色に染まる。時に勇ましく時にはんなりと、様々な表情に変える厄払いの祭りです。

祇園祭八阪神社のお祭りで、今からおよそ1100年余前、日本全国の国の数に準じて66本の矛を立てて、疫病退散の為に御霊会を行ったのが始まりとされています。そんな地にKIHARUも昨年の11月、祇園町にオープンしました。今年初めてこの「祗園祭」を目の当たりにすることを楽しみにしています☺︎ 

f:id:kiharu-kyoto:20170704130739j:plain

祗園祭に浴衣や夏着物でお出かけしませんか

通常営業では19:00まで返却は18:30までですが、7/15.16の二日間だけ「祗園祭」を楽しんで下さいサービスをさせて頂きます❤︎この7/15.16は閉店22:00返却21:30までと営業時間を延長しますので、宵山、前祭りを楽しんで頂ければ幸いです。ご予約お待ちしております。

前祭7/17の山鉾巡行は朝の9:00頃から、国際色豊かな縣装品で飾られた山や鉾が進む様子から、動く美術品とも言われています。四条烏丸からの出発となります。河原町御池通り、とゆっくりと進んでいきますので、どこかのタイミングで出逢えるといいですね。その豪華絢爛な姿は京都「祗園祭」ならではです。KIHARUから大人可愛い浴衣に着替えて出かけませんか。

 

国内のみならず、海外からも多くの方が祇園祭をお目当てに来られる、人気で活気あふれるお祭ですが、実は知られていない部分も多いのではないでしょうか。みなさんには祇園祭一色に染まる京都を浴衣で楽しんで頂けるよう、今月は祇園祭にフォーカスした記事をいくつか書いて行こうかと思います。お楽しみに!

 

 

建仁寺 両足院をご存知ですか。

KIHARUのご近所さん

建仁寺は、臨済宗の開祖栄西によって1202年に創建されました。栄西の入寂後その墓所栄西直系の弟子たちによって守塔された寺院を知足院といいます。両足院の前身です。ここには毘沙門天像がお祀りされています。鞍馬山にある鞍馬寺でお祀りされている毘沙門天像の内から出てきた胎内仏と呼ばれる仏像です。現在は、勝利をもたらす仏様として地元の人々から深い信仰を得ています。

さて、本題です。

半夏生の庭園

毎年6月下旬から夏にかけて「書院前庭」の池畔の半夏生が白く化粧を施し、美しい庭へと変化します。故に両足院は「半夏生の寺」とも呼ばれています。

開花の頃、周りの葉っぱが緑から白く色が変化し水芭蕉が咲いたようになります。開花が終わればまた緑に戻ります。なんとも不思議でミステリアス❤︎6月初旬に一度訪れて見ましたが、受付の方がご親切に「まだまだですから下旬に来られたらどうですか」と教えてくれました。ありがとうございました。今日見頃を見れました。

f:id:kiharu-kyoto:20170629161653j:plain

7月初旬までが見頃。庭だけでも価値あります。

平日の午前中はお薦めです。KIHARUもちょっと外ロケという時には、歩いて3分ほどの建仁寺さんにはよく行きます。お世話になっています。無になるにはこういう場所が必要かなとも思ったりします。

f:id:kiharu-kyoto:20170629162451j:plain

さらりと浴衣で出かける場所

一年に一度の「半夏生の庭園」こういう時間をKIHARUで浴衣や夏着物を着てお出かけして頂きたいなーーと妄想が止まりません。似合います❤︎

浴衣と夏支度。今年はどんな浴衣が気になりますか。

オトナの浴衣のたしなみ。

f:id:kiharu-kyoto:20170623105551j:plain

梅雨に入ったとはいえ、毎日雨が降るわけでもなく真夏のような日差しに見舞われたり、台風並みの雨風が日本を通りすぎたりと忙しい。

7月に入ると、京都は祇園祭一色になります。前祭から後祭と約一ヶ月街は賑やかになる。そんな京都の街に浴衣姿が艶やかに彩る季節となります。

浴衣という括りには、素肌に肌着を着て遊び浴衣にふさわしいものと、写真のような高級浴衣の代名詞と言われる、菊華絞りの浴衣など素材により夏着物として着られるものもある。この場合足袋をはき、夏の絽や紗や麻などの名古屋帯できちんと感を出すことで出かける場所も広がります。絞りの浴衣に名古屋帯をさらりと締めて、これぞ「オトナの余裕」。風格ある浴衣をお召しになりお出かけるのも夏の良き思い出となります。

 

若い方には少し背伸びをして楽しんで頂く、品格のある浴衣姿。

f:id:kiharu-kyoto:20170623110532j:plain

IROHAプランには20代の方から選んで頂ける浴衣を取り揃えています。

夏には大胆に色柄を楽しむも良し、いつもとは印象を変えて大人な浴衣を選ぶも良し、周りとは違うのは来て頂いて初めてわかると思いますので、下見に来られて見定めるのもいいかと思います。KIHARUプランは30代からの方にオススメする浴衣を、GIONプランは40代からの方にオススメという括りで取り揃えています。

夏だからこそご提案できる、あなたにあった"京都の浴衣"が当店にはあります。

ご自身のお気に入りのアイテムをプラス。夏のお洒落着、浴衣。

f:id:kiharu-kyoto:20170623111725j:plain

このバックがお気に入り❤︎この帽子で合わせたい❤︎など小物が主役で浴衣選びをするのもアリだと思います。当店もいろいろ遊び心くすぐる小物もご用意してます。

ネイルの色に合わせた浴衣にしてみるとか、半幅帯にカンバッチをつけて見たり。わくわくして頂きたいなと思っています。

最近では派手な色の浴衣をお召しになる方も多くなってきましたが、涼しげで鮮やかな和柄の浴衣と小物を合わせて頂き、周りと差のでるお洒落な浴衣姿を楽しむのも夏の良い思い出となるのではないでしょうか。

花火大会に着ていくというよりは、夏のお洒落着として浴衣を楽しんで頂きたいです。

色選びで印象も自在に変えられる。この夏は何色の浴衣で攻めますか。

 

あなたの為だけにプロのカメラマンが撮影。PHOTO SESSIONについて

レンタル着物を着て家族、友人、カップル、ご夫婦で写真撮影

f:id:kiharu-kyoto:20170611164444j:plain当店は着物レンタルではありますが、他店との大きな違いは小さいながらもスタジオを兼ね備え、プロのカメラマンがオーナーであることです。

着物のプランと一緒にPHOTO SESSIONをご希望される方も最近増えてきています。

 

プロカメラマンによる本格的なスタジオ撮影。

せっかくなので。この機会に。綺麗に撮ってもらえるなら。そんな思いがこのプランを選択して頂いていると実感しております。撮影は約30分でベストショット3枚選んで頂けます。 スタジオにモデルのように立って頂き、どんな写真をお望みなのか5分ほど打ち合わせをし、20分撮影。その後5分ほどでお気に入りの写真を選んで頂きます。

f:id:kiharu-kyoto:20170611165249j:plain

 

中にはモノクロも一枚欲しい。というお客様もおられました。バックを黒で、または白で。というご要望にもお応えいたします。どんな風に撮って欲しいかというイメージが明確だと早いです。スタジオと外で撮影も可能ですので、近くの建仁寺さんへ行くことも多いです。外だと開放感もあり緊張がほぐれていい写真が撮れるのも、納得します。

 

あなただけの記念写真「レンタル着物 x 祇園

悪天候でも雨の日に合わせたコーディネートを選び、撮影致します。

f:id:kiharu-kyoto:20170611170311j:plain

当日、あいにくの雨の場合はスタジオのみのPHOTO SESSIONになる場合もございますが、洗える着物を選択して外ロケ可能にもできますので、せっかくなので楽しんで頂けるようにご提案はさせて頂いております。

f:id:kiharu-kyoto:20170611170901j:plain

PHOTO SESSION (30分)¥12000 完全予約制となります。

セット内容:撮影3ショットデータ(ダブレット対応サイズjpg)

レタッチ込みの美しい写真に仕上げます。おひとり様も、ご夫婦でもまたはご家族で記念に残したいとお申し込み頂いております。その方々のずっと心に残る一枚を撮るのがオーナーの想いでもあります。

着物での撮影があなたの一生の思い出に

大切な人と京都にお越し頂いた思い出の一枚をあなたの手に。

f:id:kiharu-kyoto:20170611172259j:plain

写真は記録でもあります。何年か経ち改めて観た時に、この日のKIHARUで撮影したあれこれが思い返せるような時間をお客様と一緒に過ごさせて頂いている事に嬉しく思います。

 

 

 

四季が変われば着物も変わる。初夏に涼しく着られる単衣について

盛夏の前後に装う単衣着物

夏になると裏地のついた袷の着物では暑くなります。そこで年々気温が高くなる5月頃と6月、暑さの残る9月頃は裏地をつけずに仕立てる単衣の着物を着ます。

 

京都でも5月中旬頃には30℃近くまで気温が上がり、KIHARUでは初旬には袷から単衣に衣替えしました。初夏から盛夏まで着れる着物、浴衣などの着物が桐の箪笥に収まりました。

 

一時期しか着ない「単衣」を楽しむのも着物好きには「どれを着ようかな❤︎」とワクワクする季節かもしれません。単衣の着物は初夏と初秋で同じものを着られますが、帯や小物合わせで変化をつけます。初夏なら涼しげな色合いや水、青葉などが描かれた帯など、初秋には少し深みのある色や秋草などの柄を取り入れ季節感を出します。

 

帯は、博多織や紬などの単衣帯が活躍します。6月に入れば夏帯の出番です。涼やかに見えるコーディネートがいいでしょう。半幅帯も一年中使えて便利です。

f:id:kiharu-kyoto:20170529151638j:plainこちらのコーディネートは、夕刻の風が涼しくなった頃に友人と涼床へとお出かけ❤︎のイメージです。シャリ感がある紬に洒落帯的にコバルトブルーの八寸名古屋帯を合わせ、遊びで三分紐には大ぶりの指輪を帯留めに見立てました。単衣の街着としては活躍しそうな個性的な一着です。

 

日本のおしゃれ

最近よく見かけるようになった。それは海外からの観光客の方がレンタル着物をご利用になられていて明らかに50歳以上の奥様や、それ以上のお年の方が振袖を着て歩いておられます。これはどういう事なのか。

 

他店を批判するつもりはないのですが、お客様が選ばれたのだからこれでいいのです。という感じでしょうか。それともきちんと、この着物は日本では・・・と説明されてるのか。振袖は色柄共に鮮やかで華やかな着物で、海外の方から見ると「美しい日本の着物」と選ばれるのかもしれません。

 

花見小路には海外からの観光客で賑わいますが、そんな中で見かけた光景にがっかりしました。着物には季節もあり、ややこしいルールは別にしても基本があります。

 

例えば、6月から浴衣も気が早い。と思うのですが5月下旬から浴衣姿の観光客を見かけました。暑い、暑いのもわかります。海外からのお客様がお選びになったのが浴衣でした。でいいですか。これにも・・・。

季節により着物の種類が変わります。海外の方だけに限らず日本の方にもそんなことから話をし、今の季節は「単衣」という着物になりこんな感じです❤︎と。知った上で着物を着るとまた楽しくなると思います。

 

f:id:kiharu-kyoto:20170529131420j:plain

堅苦しいことは言いませんが、せっかく日本に、京都に来ていろんな体験をしようとされている方に本当の日本の文化の一つ「きもの」はこいうものなんです。とおこがましいですが知って頂けたら嬉しいです。日本が好きと言ってくれたフランス人の彼女にも説明し、単衣の小紋をしゃんと着てくれました。カッコイイとはこいう事だと思います。

 

 

着物に似合うヘアメイク(40代〜編)

シンプルで洗練された着物は合わせるメイクも大切です。

20代の頃ならトラブルも少なく、ハリもありファンデーションやBBクリームをうっすら塗るだけでナチュラルに完成しますが、30代後半〜になるとしみやくすみ、色むらなど気になる部分が増えてくるにも現実です。

そして、40代頃から気になり始める法令線は、リキッドコンシーラーとハイライトパウダーでなんとか目立たなくなります。そこで大切なことは、ファンデーションの色は顔と同じ色ではなく、首やデコルテなどと同じ色を選ぶこと。しみやクマだけを隠そうとはせず、目の下の三角形全体をカバーすることを心がけます。

(目頭、目尻、小鼻を結んだ三角形)

チークはクリームタイプがツヤ感が出て色持ちの良いものが多いですが、頬の毛穴が気になる方はパウダータイプの方が、ソフトフォーカス効果で毛穴をカバーしてくれます。肌馴染みの良いオレンジ系にすると、健康的に仕上がります。大人の女性にあまり濃いチークは着姿の時にふさわしくないと思います。

あくまでも凛としたイメージを持ちつつ、柔らかさもプラスすることが理想です。

f:id:kiharu-kyoto:20170512074833j:plain

ヘアについて

これからの季節は初夏から夏の装いになる為、涼やかさを大切にコンパクトにまとめるのがオススメです。トップにボリュームを出し、頭頂部までのフォルムを柔らかく優雅な毛の流れをポイントにしたヘアスタイルが、大人の女性にはお似合いかと思われます。

f:id:kiharu-kyoto:20170512074729j:plain

PHOTO SESSION

当店ではお客様にモデルになった気分で撮影に臨んで欲しいという思いから、このサービスが生まれました。全身、ポートレート時には外での撮影をご希望があれば行います。モノクロの写真も一枚欲しい、自前のお着物での撮影をご希望されることもあります。ご夫婦で記念日に。ご長寿写真やお子さんの成長記録としてご家族でのご希望にもお答えします。当店の衣装部屋に設えた桐箪笥の前も人気の場所です❤︎

PHOTO SESSIONについての詳細は、HPからご確認頂けます。

f:id:kiharu-kyoto:20170512081209j:plain

f:id:kiharu-kyoto:20170512074904j:plain

特別な撮影で

KIHARUの定休日を利用して、当店がお世話になっているヘアメイクさんの作品撮りも、ちょこちょこしています。モデルになって頂ける方が着るお着物や帯、その方の雰囲気、髪の色などを総合して、こちらは着物のコーディネートを決め、メイクさんはヘアスタイル、メイクを決めていきます。作品なのでどんな風に仕上げてもいいのです。それぞれが楽しみながらすることで、写真には表れます。

伊勢木綿の着物に、元気色の織り帯を合わせ春から初夏をイメージしました。それに似合うぴったりのメイクが、オレンジや黄色でアイメイクを合わせ敢えてソバカスまで加えた、なんとも可愛らしいメイクにされました❤︎ヘアにもそんな取り合わせを汲み何個も散りばめたヘアアクセが全体をバランスよく仕上げられています。またそんな機会があれば投稿しますのでお楽しみに。

f:id:kiharu-kyoto:20170512082457j:plain

着物に似合うヘアメイクについて(20代から30代編)

緑が眩い季節になりました。春はフォーマルなシーンや、パーティー、入学式とハレの日にお着物を着られた方もいらしたのではないでしょうか。

KIHARUでは、その日のシーンや季節に合わせてお着物を選んで頂くことから始まります。その際に、ヘアメイクのご予約頂いた方はプロのヘアメイクさんに着姿が素敵に見えるよう品よく仕上げて頂けます。

今回は、実際にKIHARUのお客様がされたヘアメイクと写真を合わせてご覧いただきます。

日常使いできそうなアドバイスもございますので、取り入れて見てはいかがでしょうか。

 

大切なのは若々しさと透明感

f:id:kiharu-kyoto:20170502172348j:plain

素朴な素肌感を大切に、点在的にパールを入れ輝きのある質感。イキイキとした印象をあたえるのに効果的です。クリームタイプのアイカラーをベースに使うと発色良く仕上がります。着物の重厚感にもよりますが、パール感で華やかさを出すと良い場合もございます。

ストレートで太眉の方はパウダーで馴染ませたあとに眉マスカラでより自然に仕上げるとよいです。また、優しい目元にするにはアイラインは引かず、ダークブラウンのアイカラーを目のキワにいれてぼかしましょう。

 

リップやヘアアクセサリーには着物の色を

チークやリップに使う色は着物に使われている色を意識して選ばれるとより統一感がでます。また、ヘアアクセサリーにも着物のお色を取り入れると上手な着こなしになります。大ぶりにならず、あくまでそっと同じ色を取り入れるのがポイントです。

 

ヘアスタイルは落ち着いた丸みをもたせて

f:id:kiharu-kyoto:20170502174934p:plain

着物にはアップヘアが定番ですが、毛先をくるくるに巻いたり高い位置に盛ってしまうと成人式のようになってしまいます。顔まわりが優しくなるように毛先にカールをつけたり、緩やかなカーブを描くよう自然とサイドに沿わせた可憐で優しいアップスタイルがおすすめです。襟足が短い方は無理にアップスタイルにせず大きめのカールで巻きショートボブにするのも、お着物を着られた時に襟元がすっきりとし綺麗です。

 

KIHARUの髪飾り

f:id:kiharu-kyoto:20170502174219p:plain

ヘアメイクのご予約も合わせてご予約頂いた方は、こちらの写真の中からお好きなものを選んで頂きます。
シンプルな、いいものをさりげなく、さらりとつけて頂きたい。大きな花飾りはございませんが、新入荷で色々増えています。
合わせてお楽しみ頂けたら嬉しいです。


素敵な着姿

いつものヘアメイクからプロの手によるポイントを抑えたヘアメイクへ。着物姿の日こそ、ヘアメイクは重要だと思います。トータルで素敵な着姿をKIHARUでは提案していきます。

 

次回は着物に似合うヘアメイク(40代 ~)です。