京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です。

今年は「古典柄」の浴衣で過ごすオトナの楽しみ

こっくり深い藍色が魅力的な浴衣

浴衣といえば白地に紺文様のコーマ地を思い出す方も多いと思います。今では多種多様な色地、柄、素材があり浴衣でなければ着れない柄もあります。

そんな中でも、定番の「古典柄」が人気。そんな正統派古典の浴衣の「注染」という技法を取り上げたいと思います。

 

「注染」とはどんなもの?

まずは一度は目にしたことがある「注染」の浴衣をご覧ください。

f:id:kiharu-kyoto:20170721075017j:plain

一枚は持っている方もいらっしゃるかと思います。この「注染」という技法は特殊な糊で防染し重ねあげた生地の上から染料を注ぎ、模様部分を染め上げる伝統的な型染めの一種です。手ぬぐい、浴衣、ふきん等が生産されています。

裏表がなく染め上がるのが特徴で、他の染色方法では味わうことのできない独特の風合いや絶妙なぼかしで立体感を醸し出します。

f:id:kiharu-kyoto:20170721075808j:plain

手作業中心で行われる工程は、気温や湿度、浸透率の違いや染料のかける量など一瞬のタイミングに左右されやすく、一枚ずつ異なる風合いを味わえます。タンスの中にしまわれているその一枚は、他に同じものはない貴重な浴衣かもしれません。

上記の写真2枚の浴衣は、納戸色(なんどいろ)

藍色よりも淡いかすかにグレーがかった青。江戸時代には男物で一大ブームになった。中間色なので藍色より可愛い印象です。

仕上がる浴衣の色や染め具合は全て職人のセンスと勘で決まります。

「注染」の魅力は同じ柄でも一反一反微妙に違う仕上がりになる。これも手仕事ならではでいいなと思います。どんな柄でも自在に表現できるプリントも魅力的ですが、手仕事が生み出す素朴な色やぼかしのグラデーションを楽しめる「注染の浴衣」は今年も目が離せません。

f:id:kiharu-kyoto:20170721081308j:plain

冴え冴えとした藍色は浴衣ならではの粋のの色。是非、シックで上品なオトナ浴衣で夏を楽しみませんか。

KIHARUと八千代旅館とのコラボ企画が「ぐるなび」から発売しました。

「食」と「文化」のコラボ企画というテーマから生まれた「八千代旅館とKIHARU」

八千代旅館といえば、東に南禅寺、西に平安神宮と古の京文化が息づく東山に佇む「京料理とお庭の宿」旬の食材・季節感を大事に演出され、京料理と湯豆腐で有名な料理旅館です。こちらが「食」

 

KIHARUは昨年11月、祇園にオープンした着物レンタル店。他多数あるレンタル店との違いは着物にも季節感を大切に取り揃えていること。袷の着物の時期、単衣の着物の時期、浴衣や夏着物を着る時期と一年を通して変わるということを、着物レンタルという枠からはみ出し伝えながら、「きもの」という京に深く関わりのある文化に少し関わらせて頂いています。なので「文化」に取り上げて頂いたことと思います。

 

八千代旅館×KIHARUにできること

今回ぐるなびの企画として、そんな二つの合体が実現しました☺︎

ぐるなびから発売されたこのプランの詳細は、下記からご確認していただけます。

KIHARUで、今の季節なら浴衣を選んで頂き八千代旅館でランチというプランもあります。宿を取り巻く池泉山水庭園が静寂な時間を作り出しており、季節感を感じる設えとお料理で非日常的な時を過ごせます。大げさなことはできませんが、そんなひと時に関わることができるのは嬉しいことだと思います。

https://r.gnavi.co.jp/plan/k749400/plan-reserve/plan/plan_list/?date=20170717 

浴衣でランチの様子はSNSにアップすると写真映え◎

夏ワンピを着る感覚で、さらりと浴衣に着替えましょ☺︎八千代旅館さんの和の空間に、お気に入りの浴衣で写真映えする場所が色々あるので、気分も上がります。

八千代旅館さんでのお食事に、このような浴衣コーデはいかがでしょう!

 

f:id:kiharu-kyoto:20170716105123j:plain

f:id:kiharu-kyoto:20170716105200j:plain

リーズナブルなお値段でのランチプランですのでIROHAプランの中から、浴衣を選んで頂けます。

詳細は「ぐるなび」から。ご予約お待ちしております。

 八千代旅館の魅力は静寂にあり

f:id:kiharu-kyoto:20170715144339j:plain

この企画に際し、特別室をお借りして撮影をさせて頂きました。そこはなんとも涼しげな夏の設えの客室で、日本人だけではなく海外からのお客様からもご指定があるお部屋でした。古き良きとは時間と共に刻まれて来た建築物でうかがえる事もあります。ここを知る機会がこの先、「いつか宿泊したい」と思うことになるでしょう。

 


南禅寺・八千代旅館 × 祗園・KIHARU

 

 

7月10日から前祭が始まります。KIHARUも15日、16日は営業時間延長します。

お迎え提灯から神幸祭まで

7月10から17日までを前祭といいます。この頃から観光の方も増え、夕刻ともなるとどこからともなく人が行き交う。昨年そんな光景を見ていました。大阪の天神祭とは違い静かなお祭りですが、人で溢れていました。

 

10日からお迎え提灯を持って行列し、神輿を四条大橋まで運び、鴨川の水で清めたりします。そしてこの頃から、あちら此方で山鉾の組み立てを伝統の手法で行い、3日間ほど要します。KIHARUのお世話になった腕利きの大工さんも組み立てに参加します。

 

縣装品の飾り付けが始まると街がガラリと華やいできます。祗園も神輿が通ると聞き楽しみにしています。近くにお越しの際はちらっと御立ち寄りくださいませ☺︎

f:id:kiharu-kyoto:20170709105635j:plain

祗園囃子が賑やかに

14日から16日は宵山。駒形提灯の明かりが祭情緒を盛り上げ、賑やかな夜店をめぐるなら前祭、じっくり山鉾を鑑賞するなら後祭がおすすめです。15日、16日は八阪神社能舞台で「伝統芸能奉納」「石見神楽」という行事も行われます。

 

そして17日に贅を尽くした山鉾が巡行し神輿渡御に先んじて氏子地域を清めます。雨が降りませんように願っています☺︎静かにゆっくりと進んでいきます。

四条通り→河原町通り→御池通

 

夕刻、神輿の登場です。待ってました❤︎

八阪神社の御神霊を神輿に乗せ氏子地域を巡りながら四条御旅所を目指しますよ。「神幸祭」といい勇壮な掛け声が響き渡ります。なにわっ子は、神輿渡御でテンションが上がります☺︎ここは京都なので静かにしときます。

KIHARUも15日、16日は22時まで営業

15日、16日は22:00まで営業、21:30までに返却。

せっかくの祇園祭。少しでも長い間、おしゃれで上品な浴衣で楽しんでもらえるよう、KIHARUも営業時間を延長しております。夕刻頃に間に合うように15:00から16:00くらいに当店をご予約がおすすめです。

祇園・前祭を楽しんで下さい!

前祭だけでも見どころは満載。

こんなコンテンツが盛りだくさんの祇園祭を浴衣でのんびり歩き、夏の特別な思い出にしませんか?

みなさん、祗園祭を楽しんでください☺︎

七夕の日にHPが新しくなりました。浴衣や薄物で大人っぽく、上品に。

夏にはやっぱり浴衣が王道です☺︎

新しくなったHPは夏仕様になっています。浴衣から大人の夏着物までプランごとにまとめています。今回KIHARUプランも新価格になり、選んで頂ける幅を広げました。何事も試してみないとわかりません。IROHAプランは¥5300,KIHARUプランは¥8100,GIONプランは¥16200と3つのスタイルから、お気に入りのプランを選んで頂けます。

当日に数ある着物を見ていたら、こっちのプランの浴衣がいい❤︎となっても変更可能ですので、せっかくなのでKIHARUにある浴衣や着物を見てくださいませ。次来た時はこれが着たい☺︎そう思って頂けたら嬉しいかぎりです。

f:id:kiharu-kyoto:20170707180905j:plain

夏着物は大人の愉しみかもしれません。

薄物と呼ばれる夏着物には、絽や紗といった透ける着物があります。暑い京都で浴衣以外考えられない。というお声もよく耳にします。が、色っぽいではないですか。もちろん素肌に浴衣も、それはそれで色香ありです。暑いのは補正のタオルを何枚か巻いているのもあり浴衣も夏着物もそれほど変わらない。足袋を履くか素足で下駄なのか、見た目は浴衣の方が涼しげに見えるが、例えばホテルでランチです。とかエアコンの効いた場所への装いなら、迷わず夏着物をお勧めしてしまいます☺︎行かれる場所に合わせて、浴衣や夏着物を選ばれるといいと思います。

f:id:kiharu-kyoto:20170707182017j:plain

次回は祗園祭を掘り下げて書きたいと思います。来週は宵山ですから☺︎

 

【期間限定!営業時間延長のお知らせ】京の町に夏の訪れを告げる祇園祭

祇園祭とKIHARU

7月1日から様々な神事が行われ、夏の京都は祇園祭一色に染まる。時に勇ましく時にはんなりと、様々な表情に変える厄払いの祭りです。

祇園祭八阪神社のお祭りで、今からおよそ1100年余前、日本全国の国の数に準じて66本の矛を立てて、疫病退散の為に御霊会を行ったのが始まりとされています。そんな地にKIHARUも昨年の11月、祇園町にオープンしました。今年初めてこの「祗園祭」を目の当たりにすることを楽しみにしています☺︎ 

f:id:kiharu-kyoto:20170704130739j:plain

祗園祭に浴衣や夏着物でお出かけしませんか

通常営業では19:00まで返却は18:30までですが、7/15.16の二日間だけ「祗園祭」を楽しんで下さいサービスをさせて頂きます❤︎この7/15.16は閉店22:00返却21:30までと営業時間を延長しますので、宵山、前祭りを楽しんで頂ければ幸いです。ご予約お待ちしております。

前祭7/17の山鉾巡行は朝の9:00頃から、国際色豊かな縣装品で飾られた山や鉾が進む様子から、動く美術品とも言われています。四条烏丸からの出発となります。河原町御池通り、とゆっくりと進んでいきますので、どこかのタイミングで出逢えるといいですね。その豪華絢爛な姿は京都「祗園祭」ならではです。KIHARUから大人可愛い浴衣に着替えて出かけませんか。

 

国内のみならず、海外からも多くの方が祇園祭をお目当てに来られる、人気で活気あふれるお祭ですが、実は知られていない部分も多いのではないでしょうか。みなさんには祇園祭一色に染まる京都を浴衣で楽しんで頂けるよう、今月は祇園祭にフォーカスした記事をいくつか書いて行こうかと思います。お楽しみに!

 

 

建仁寺 両足院をご存知ですか。

KIHARUのご近所さん

建仁寺は、臨済宗の開祖栄西によって1202年に創建されました。栄西の入寂後その墓所栄西直系の弟子たちによって守塔された寺院を知足院といいます。両足院の前身です。ここには毘沙門天像がお祀りされています。鞍馬山にある鞍馬寺でお祀りされている毘沙門天像の内から出てきた胎内仏と呼ばれる仏像です。現在は、勝利をもたらす仏様として地元の人々から深い信仰を得ています。

さて、本題です。

半夏生の庭園

毎年6月下旬から夏にかけて「書院前庭」の池畔の半夏生が白く化粧を施し、美しい庭へと変化します。故に両足院は「半夏生の寺」とも呼ばれています。

開花の頃、周りの葉っぱが緑から白く色が変化し水芭蕉が咲いたようになります。開花が終わればまた緑に戻ります。なんとも不思議でミステリアス❤︎6月初旬に一度訪れて見ましたが、受付の方がご親切に「まだまだですから下旬に来られたらどうですか」と教えてくれました。ありがとうございました。今日見頃を見れました。

f:id:kiharu-kyoto:20170629161653j:plain

7月初旬までが見頃。庭だけでも価値あります。

平日の午前中はお薦めです。KIHARUもちょっと外ロケという時には、歩いて3分ほどの建仁寺さんにはよく行きます。お世話になっています。無になるにはこういう場所が必要かなとも思ったりします。

f:id:kiharu-kyoto:20170629162451j:plain

さらりと浴衣で出かける場所

一年に一度の「半夏生の庭園」こういう時間をKIHARUで浴衣や夏着物を着てお出かけして頂きたいなーーと妄想が止まりません。似合います❤︎

浴衣と夏支度。今年はどんな浴衣が気になりますか。

オトナの浴衣のたしなみ。

f:id:kiharu-kyoto:20170623105551j:plain

梅雨に入ったとはいえ、毎日雨が降るわけでもなく真夏のような日差しに見舞われたり、台風並みの雨風が日本を通りすぎたりと忙しい。

7月に入ると、京都は祇園祭一色になります。前祭から後祭と約一ヶ月街は賑やかになる。そんな京都の街に浴衣姿が艶やかに彩る季節となります。

浴衣という括りには、素肌に肌着を着て遊び浴衣にふさわしいものと、写真のような高級浴衣の代名詞と言われる、菊華絞りの浴衣など素材により夏着物として着られるものもある。この場合足袋をはき、夏の絽や紗や麻などの名古屋帯できちんと感を出すことで出かける場所も広がります。絞りの浴衣に名古屋帯をさらりと締めて、これぞ「オトナの余裕」。風格ある浴衣をお召しになりお出かけるのも夏の良き思い出となります。

 

若い方には少し背伸びをして楽しんで頂く、品格のある浴衣姿。

f:id:kiharu-kyoto:20170623110532j:plain

IROHAプランには20代の方から選んで頂ける浴衣を取り揃えています。

夏には大胆に色柄を楽しむも良し、いつもとは印象を変えて大人な浴衣を選ぶも良し、周りとは違うのは来て頂いて初めてわかると思いますので、下見に来られて見定めるのもいいかと思います。KIHARUプランは30代からの方にオススメする浴衣を、GIONプランは40代からの方にオススメという括りで取り揃えています。

夏だからこそご提案できる、あなたにあった"京都の浴衣"が当店にはあります。

ご自身のお気に入りのアイテムをプラス。夏のお洒落着、浴衣。

f:id:kiharu-kyoto:20170623111725j:plain

このバックがお気に入り❤︎この帽子で合わせたい❤︎など小物が主役で浴衣選びをするのもアリだと思います。当店もいろいろ遊び心くすぐる小物もご用意してます。

ネイルの色に合わせた浴衣にしてみるとか、半幅帯にカンバッチをつけて見たり。わくわくして頂きたいなと思っています。

最近では派手な色の浴衣をお召しになる方も多くなってきましたが、涼しげで鮮やかな和柄の浴衣と小物を合わせて頂き、周りと差のでるお洒落な浴衣姿を楽しむのも夏の良い思い出となるのではないでしょうか。

花火大会に着ていくというよりは、夏のお洒落着として浴衣を楽しんで頂きたいです。

色選びで印象も自在に変えられる。この夏は何色の浴衣で攻めますか。