京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です

浴衣と夏支度。今年はどんな浴衣が気になりますか。

オトナの浴衣のたしなみ。

f:id:kiharu-kyoto:20170623105551j:plain

梅雨に入ったとはいえ、毎日雨が降るわけでもなく真夏のような日差しに見舞われたり、台風並みの雨風が日本を通りすぎたりと忙しい。

7月に入ると、京都は祇園祭一色になります。前祭から後祭と約一ヶ月街は賑やかになる。そんな京都の街に浴衣姿が艶やかに彩る季節となります。

浴衣という括りには、素肌に肌着を着て遊び浴衣にふさわしいものと、写真のような高級浴衣の代名詞と言われる、菊華絞りの浴衣など素材により夏着物として着られるものもある。この場合足袋をはき、夏の絽や紗や麻などの名古屋帯できちんと感を出すことで出かける場所も広がります。絞りの浴衣に名古屋帯をさらりと締めて、これぞ「オトナの余裕」。風格ある浴衣をお召しになりお出かけるのも夏の良き思い出となります。

 

若い方には少し背伸びをして楽しんで頂く、品格のある浴衣姿。

f:id:kiharu-kyoto:20170623110532j:plain

IROHAプランには20代の方から選んで頂ける浴衣を取り揃えています。

夏には大胆に色柄を楽しむも良し、いつもとは印象を変えて大人な浴衣を選ぶも良し、周りとは違うのは来て頂いて初めてわかると思いますので、下見に来られて見定めるのもいいかと思います。KIHARUプランは30代からの方にオススメする浴衣を、GIONプランは40代からの方にオススメという括りで取り揃えています。

夏だからこそご提案できる、あなたにあった"京都の浴衣"が当店にはあります。

ご自身のお気に入りのアイテムをプラス。夏のお洒落着、浴衣。

f:id:kiharu-kyoto:20170623111725j:plain

このバックがお気に入り❤︎この帽子で合わせたい❤︎など小物が主役で浴衣選びをするのもアリだと思います。当店もいろいろ遊び心くすぐる小物もご用意してます。

ネイルの色に合わせた浴衣にしてみるとか、半幅帯にカンバッチをつけて見たり。わくわくして頂きたいなと思っています。

最近では派手な色の浴衣をお召しになる方も多くなってきましたが、涼しげで鮮やかな和柄の浴衣と小物を合わせて頂き、周りと差のでるお洒落な浴衣姿を楽しむのも夏の良い思い出となるのではないでしょうか。

花火大会に着ていくというよりは、夏のお洒落着として浴衣を楽しんで頂きたいです。

色選びで印象も自在に変えられる。この夏は何色の浴衣で攻めますか。