京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です。

7月10日から前祭が始まります。KIHARUも15日、16日は営業時間延長します。

お迎え提灯から神幸祭まで

7月10から17日までを前祭といいます。この頃から観光の方も増え、夕刻ともなるとどこからともなく人が行き交う。昨年そんな光景を見ていました。大阪の天神祭とは違い静かなお祭りですが、人で溢れていました。

 

10日からお迎え提灯を持って行列し、神輿を四条大橋まで運び、鴨川の水で清めたりします。そしてこの頃から、あちら此方で山鉾の組み立てを伝統の手法で行い、3日間ほど要します。KIHARUのお世話になった腕利きの大工さんも組み立てに参加します。

 

縣装品の飾り付けが始まると街がガラリと華やいできます。祗園も神輿が通ると聞き楽しみにしています。近くにお越しの際はちらっと御立ち寄りくださいませ☺︎

f:id:kiharu-kyoto:20170709105635j:plain

祗園囃子が賑やかに

14日から16日は宵山。駒形提灯の明かりが祭情緒を盛り上げ、賑やかな夜店をめぐるなら前祭、じっくり山鉾を鑑賞するなら後祭がおすすめです。15日、16日は八阪神社能舞台で「伝統芸能奉納」「石見神楽」という行事も行われます。

 

そして17日に贅を尽くした山鉾が巡行し神輿渡御に先んじて氏子地域を清めます。雨が降りませんように願っています☺︎静かにゆっくりと進んでいきます。

四条通り→河原町通り→御池通

 

夕刻、神輿の登場です。待ってました❤︎

八阪神社の御神霊を神輿に乗せ氏子地域を巡りながら四条御旅所を目指しますよ。「神幸祭」といい勇壮な掛け声が響き渡ります。なにわっ子は、神輿渡御でテンションが上がります☺︎ここは京都なので静かにしときます。

KIHARUも15日、16日は22時まで営業

15日、16日は22:00まで営業、21:30までに返却。

せっかくの祇園祭。少しでも長い間、おしゃれで上品な浴衣で楽しんでもらえるよう、KIHARUも営業時間を延長しております。夕刻頃に間に合うように15:00から16:00くらいに当店をご予約がおすすめです。

祇園・前祭を楽しんで下さい!

前祭だけでも見どころは満載。

こんなコンテンツが盛りだくさんの祇園祭を浴衣でのんびり歩き、夏の特別な思い出にしませんか?

みなさん、祗園祭を楽しんでください☺︎