京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です

今年は「古典柄」の浴衣で過ごすオトナの楽しみ

こっくり深い藍色が魅力的な浴衣

浴衣といえば白地に紺文様のコーマ地を思い出す方も多いと思います。今では多種多様な色地、柄、素材があり浴衣でなければ着れない柄もあります。

そんな中でも、定番の「古典柄」が人気。そんな正統派古典の浴衣の「注染」という技法を取り上げたいと思います。

 

「注染」とはどんなもの?

まずは一度は目にしたことがある「注染」の浴衣をご覧ください。

f:id:kiharu-kyoto:20170721075017j:plain

一枚は持っている方もいらっしゃるかと思います。この「注染」という技法は特殊な糊で防染し重ねあげた生地の上から染料を注ぎ、模様部分を染め上げる伝統的な型染めの一種です。手ぬぐい、浴衣、ふきん等が生産されています。

裏表がなく染め上がるのが特徴で、他の染色方法では味わうことのできない独特の風合いや絶妙なぼかしで立体感を醸し出します。

f:id:kiharu-kyoto:20170721075808j:plain

手作業中心で行われる工程は、気温や湿度、浸透率の違いや染料のかける量など一瞬のタイミングに左右されやすく、一枚ずつ異なる風合いを味わえます。タンスの中にしまわれているその一枚は、他に同じものはない貴重な浴衣かもしれません。

上記の写真2枚の浴衣は、納戸色(なんどいろ)

藍色よりも淡いかすかにグレーがかった青。江戸時代には男物で一大ブームになった。中間色なので藍色より可愛い印象です。

仕上がる浴衣の色や染め具合は全て職人のセンスと勘で決まります。

「注染」の魅力は同じ柄でも一反一反微妙に違う仕上がりになる。これも手仕事ならではでいいなと思います。どんな柄でも自在に表現できるプリントも魅力的ですが、手仕事が生み出す素朴な色やぼかしのグラデーションを楽しめる「注染の浴衣」は今年も目が離せません。

f:id:kiharu-kyoto:20170721081308j:plain

冴え冴えとした藍色は浴衣ならではの粋のの色。是非、シックで上品なオトナ浴衣で夏を楽しみませんか。