京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です。

フリーマガジン「ハンケイ500m」とのコラボが次号で最終となります。

中身のあるフリーマガジン「ハンケイ500m」との出会い。

f:id:kiharu-kyoto:20170817160530j:plain

昨年11月にOPENしたKIHARUですが、いろんな方々との出会いの中「ハンケイ500m」の編集長をされている女性と出会いました。小柄なのにパワフルでいて可愛らしい。というと「またまたーー❤︎」と返ってくると思います。そんな彼女に引き込まれ今年の1月号が第一弾となりました。

 

こちらのフリーマガジンは京都駅や主要な駅、東京駅にある京都を紹介するコーナーにも置かれています。KIHARUは裏表紙に載せて頂いていました。毎回コンセプトを編集長、ライターさんと話し合い決めていきそれに必要な写真を撮る。わちゃわちゃ言いながらの撮影で楽しい時間でした。

本物を知る「京おんな」のためのフリーマガジン

京おんな。。でもない私が惹かれたのはこの「ハンケイ500m」のコンセプトと中身です。良い店には良い職人がいる。職人というキーワードは独自の哲学やこだわりを持った人々を現代の「職人」と定義されています。あるバス停から半径500mに限定し、自分たちの足で歩いて探索。これが大変な作業だと思いますが毎回、いろんな場所のお店を知ることができます。ジャンルは幅広く中身も深い。

 

KIHARUは着物にまつわる内容で毎回載せて頂きました。次号は9月号。単衣についての内容になります。撮影はこんな感じで8月某日行いました☺︎

 

f:id:kiharu-kyoto:20170817162059j:plain

 

 

暑い暑い日の京都に単衣の着物の撮影でした。

f:id:kiharu-kyoto:20170817163337j:plain今回ご用意させて頂いたこちらの着物は、単衣といえども少しレースがかった木綿になっているので実際そんなに暑くないと言ってくれていました。周りが浴衣姿ばかりの中でも、そんなに違和感はなくさらりと撮影しました。

 

9月に入ると単衣の季節ですがこう暑いと10月初旬も単衣でもいいかと思いますね☺︎素材や絵柄で秋っぽさを取り入れつつ涼やかに単衣を着る。

そうKIHARUではおすすめします。品良くです。そして季節のいい時に着物で京を散策して頂けたらなと思います。

 

何気ない日常が着物を着ることで変わる。

浴衣でも着物でもそんな魅力は同じようにあると思っています。これから気候が良くなると少し遠くまで出かけて行きたくなる。そんな時「ハンケイ500m」を見つけたら是非お持ち帰り頂きたい☺︎表紙のイラストも毎回かわいいですよ。読むフリーマガジン、次号は9月です。お楽しみに☺︎そしてありがとうございました!

 

モデルさんは私がパシャパシャ撮りました。ご了承下さい☺︎