京都着物レンタル KIHARU & Photo

京都・祇園。花見小路すぐにあるキハルKIHARUはレンタル着物とスタジオ撮影を叶えるサロンのようなお店です。

「京に生きづく手しごと」との出逢い。

金竹堂ーKINTAKEDO☺︎花かんざし

f:id:kiharu-kyoto:20170827121144j:plainKIHARUでも大変お世話になっている「金竹堂」さん。こちらは幕末の頃から祇園町で芸・舞妓や島原太夫のかんざしの製造販売を営んでおられます。現在は一般女性用の髪飾りを多く取り揃え、手の届くお値段で購入できます。

 

上品で流行りに流されない一貫性が、「金竹堂」さんの魅力でKIHARUでも何点か購入させて頂いています。花かんざしの材料は昔から変わらず正絹羽二重を用いて、一つ一つ丁寧に作られています。

成人式、七五三、舞妓さん、花嫁さんなどの花かんざしはどれも本当に美しいものです。今回、花嫁さん用にご無理を言い「白一色で作って欲しい」とお願いしました。快く引き受けて頂き、清楚で品のある花飾りが花嫁さんの髪につけられました。お人柄のいい店主さんで筋の通った職人さんでもある。

本当にありがとうございました☺︎

 

着物の種類にもよりますが合わせてみてください。「金竹堂」さんの花かんざしあります。

f:id:kiharu-kyoto:20170827121506j:plain

 

f:id:kiharu-kyoto:20170827121531j:plain

写真のような上品で繊細な花かんざしをご用意しております。KIHARUでお召しになって頂ける着物とも相性が大変良いものです。

上品な着物姿に、ワンポイント。和のアクセントの効いた大人っぽい着物姿で楽しむ京都は、普段とはまた少し違ってくるかも。

 

 金竹堂さんに置いてある「京に生きづく手しごと」というパンフレット

祇園町北側にある金竹堂さんは、鍵善良房さんの近くにあります。昔から変わらずの佇まいに、まず足を踏み入れたのが20代の頃でした。そして現在に至り着物に関わるお仕事をすることになり、まず思い出されたのが「金竹堂」さんでした。

 

今になり本当の伝統工芸品が貴重でごく少数の後継職人によって受け継がれている分野だと、改めて知る事になりました。いいものは、いつの時代になってもいいもんです。京都にはそんな貴重な伝統工芸品がたくさんあります。

 

そんな伝統工芸品をいかに多くの人・観光客に知ってもらい、見てもらい、体験してもらえるか、が京都の"誇り"としての伝統を受け継いでいく上で、重要になってくるのではないでしょうか。

 

そんなお店が写真付きで記載されているパンフレットが「金竹堂」さんに置いてあります。数は少ないかもしれませんが、手元に大事に持っておきたいパンフレットですよ☺︎店主さんに声かけてみてください☺︎

KIHARUにも何冊か頂きました。ご覧になりたい方はどうぞ☺︎

 

まだまだ暑い日が続く京都。秋になったら色んな「いいもん」を着物で見つけに行きませんか☺︎

京都 着物レンタル おすすめ・・・KIHARUでした。